薬剤性肝障害

薬剤性肝障害

医薬品により肝臓が障害されて起こる病気で、肝炎型と肝内胆汁うっ滞型とがあります。

症状・原因

肝炎型は、食欲不振やだるさに続いて黄疸があらわれ、急性肝炎に似た症状がみられ、血液の総ビリルビン値が上昇し、GOT・GPT値が高まります。また、発熱、発疹、かゆみのみられることもあります。  肝内胆汁うっ滞型は、閉塞性黄疸と同様の症状が表れますが、胆管の閉塞はなく、ビリルビンを胆管に排出する機構に障害がみられます。まれに劇症型で、急速に悪化するケースがありますが、慢性化はしません。

これらは、体内に入った薬剤や毒物によって肝臓が障害されるために生じるものです。  直接、肝障害を引き起こす物質としては、クロロホルム、四塩化炭素、リン(ネコいらず)、毒キノコなどがあり、これらが体の中に入った場合、すぐに症状が出て、しかも体内に入った量と重症度が比例します。  治療薬剤のなかには、まれに肝臓に蓄積して肝臓障害を引き起こすものもありますが、こうした薬剤は近年使われなくなり、大部分は過敏反応(アレルギー反応)によって起こります。  

しかし、ある薬剤を使用したからといって、全ての人に肝臓障害が起こるわけではなく、アレルギーの病気を持つ人は、アレルギーのない人に比べてあらわれやすい傾向にあるので、注意が必要です。しかし、これも必ず起こるわけではなく、逆に全然アレルギー経験のなかった人に、肝障害が起こるケースもあります。  ひどい肝障害をたびたび引き起こす薬剤は、すでに製造販売が停止されています。

しかし、頻度も低く、治療上欠かすことの出来ない薬剤の場合は、広く使用されているので、薬を用いる場合には、常に肝障害の起こる可能性を考えなければなりません。そして症状が出たときは、他の薬剤にかえる必要があります。  このようなアレルギー型の肝障害を起こす頻度の比較的高い薬剤としては、かぜ薬(鎮静解熱剤)、抗性物質、サルファ剤のような化学療法剤、甲状腺治療剤、結核治療剤、糖尿病治療剤(経口服用剤)、ホルモン剤(特にタンパク同化ホルモン剤、男性ホルモン剤)、精神安定剤、麻酔などがあげられます。

治療

 薬剤性肝障害は、急性ウイルス性肝炎と同様、黄疸の出ている時期は特に安静が必要で、黄疸が長引く時は、副腎皮質ステロイド剤やウルソ(利胆剤)を使用します。