眼底出血(網膜出血)

様々な原因によって網膜眼内に出血することがあります。まずは原因を明らかにすることが先決です。
検診などで発見されることがありますが、本人は気づいていないことがほとんどです。

眼底出血の症状・原因

出血した部分によっては、視野の中に暗い部分が生じてきます。最初のうちは、の前にちらちらと黒い虫のようなものが見え(飛蚊症)、その数がだんだん増え、視力が下がる場合もあります。眼底出血をきたす病気は数多くあり、糖尿病、腎臓病、貧血、高血圧、悪液質、妊娠中毒症などの全身の病気のひとつとして表れるもののほか、静脈や網膜中心動脈の血栓や塞栓、若年性再発性網膜硝子体出血、外傷によるものなど、色々あります。

眼底出血の治療

全身疾患による場合は、その原因となる病気を治療することがもっとも大切です。対症低には、血管強化剤、止血剤などの投与を行います。レーザー光線による網膜光凝固術や硝子体手術を行うこともあります。出血しても後が残らない場合もありますが、あとに瘢痕や変性などが生じて、視力が低下するものもから失明するものまであります。
 糖尿病などによるものでは、最初はわずかな出血でも、放置している(血糖値の調整を怠る)と、何回も反復しておこり、やがて眼底の広い範囲に広がり、失明に至ります。日常生活では、全身の健康管理を十分に行ってください。

全額返金保証付きです。
14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

同じカテゴリーページ

目の病気