中心性脈絡網膜症

日本人に多い病気で、30~40代の男性に多く見られます。

中心性脈絡網膜症の症状・原因

網膜のなかで一番物がよく見える音斑部がむくむことによって起こるものです。軽い視力障害を生じ、特に中心部が見にくくなる中心暗点、者が小さく見える小視症、変形して見える変視症などがあり、また、遠視が起こる場合もあります。

中心性脈絡網膜症の治療

心身のストレスを避け、安静が第一です。心因的な疑いのあるものに対しては、その対策を考えましょう。薬物療法、手術療法が行われ、手術には、レーザー光線やキセノン光線を使って網膜を焼き付ける光凝固という方法があります。再発防止のため、全身の健康と摂生に気をつけましょう。


発症後、3~4週間を過ぎると、むくみは吸収されはじめ、自覚症状も軽くなってきて、数ヶ月で治癒しますが、完全に戻るのは難しいようです。しばしば変視症を残すこともあり、再発することもあります。しかし、この病気によって失明することはありません。原因としては、心身の過労、睡眠不足、精神的なストレスなどがあげられます。はっきりとした原因はまだ分かっていません。

全額返金保証付きです。
14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

同じカテゴリーページ

目の病気