眼瞼縁炎(ただれ目)

眼瞼縁炎(ただれ目)

俗にただれ目という眼瞼縁炎は、ブドウ球菌によるものが少なくあろませんが、その他、遠・近視乱視眼筋の異常、ビタミンの欠乏、特に若い女性では、体質的なものを背景として起こることもあります。

眼瞼縁炎の症状

 の周囲の毛根を中心として、小さいポツポツとした湿疹ができ、これが破れたり、かさぶたをつくったりするのは慢性の病気です。経過は大体長く、よくなったり、悪くなったりして、数年間も続くことがあります。また、アレルギー性のものはひどいかゆみがあります。

眼瞼縁炎の治療

 抗生物質あるいはステロイドの軟膏を塗ります。場合によっては、まつげを抜いて治療をしたり、抗生物質の全身投与、あるいは全身検査を行って化膿しやすい原因を皮膚科と協力して調べることもあります。

全額返金保証付きです。
14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

同じカテゴリーページ

目の病気