妊娠~つわりについて

妊娠はとてもおめでたい事です。妊娠についての知識、注意点をしっかりチェックしましょう。

妊娠初期に起こるつわりについて(主に妊娠1~4ヶ月)

つわりは、妊婦のほぼ半数が経験する、妊娠初期に起こる、吐き気や嘔吐などの不快な症状の事です。 妊娠4~6週で始まり、11~12週で終わるのが一般的ですが、なかには、15~16週まで続いたり、出産直前まで長引く人もいるので、長引いたからと言って、心配しないようしましょう。

妊娠つわりの症状

匂いに敏感になったり、気分が悪くなる。軽い吐き気がしたり、お腹が空くと胸がムカムカしてくる。 食欲が無くなってしまい、食べても吐いてしまうと言った症状が起こるのが、つわりの中でも、最も多い「吐きづわり」と呼ばれる症状です。 特定の食べ物や匂いを好むようになったり、食べ物の好みが変わったりする場合や、食欲旺盛になり、食べていないと気分が悪くなってしまう、「食べづわり」と言う症もあります。
次に多いのが、すっぱい物がやたらと欲しくなる人です。
唾液が出すぎて、困る場合もあるので、気をつけましょう。

タバコが吸いたくなったり、脂っこい物や甘辛い物が欲しくなる。
塗料の匂いやガソリンの匂いが嗅ぎたくなるなど、科学的には説明のできない変化が起こる場合もあるので、そうなっても、心配しないでください。

妊娠つわりの原因

色々な説があって、はっきりと解明されてはいませんが、つわりが起こるのは、妊娠によるホルモン分泌量の変化だと言うのが、現在、最も有力な説です。 妊娠によって、プロゲステロンと呼ばれる体温上昇を管理する黄体ホルモンが、大量に分泌され、体温を高め、風邪に似た症状を起こします。 さらに、絨毛から分泌されるHGCホルモン妊娠ホルモン)が嘔吐中枢を刺激して、つわりを起こすと考えられています。 体質や体格の差により、症状に個人差はあります。 便秘ぎみの人や、肝臓や腎臓、胃腸など、内臓が弱い人は、症状が重くなる傾向があります。 精神的なストレスや悩みなどで、つわりが重くなる場合もあるのですが、自律神経中枢とホルモン分泌中枢が、隣り合っているため、そういった症状が起こると考えられています。 どんな場合でも、母体がその症状に順応すれば、つわりはいずれ治まるのです。