運営・お問い合わせ

陣痛促進剤

オキシトシン、プロスタグランジンなどの薬剤の総称が陣痛促進剤で、陣痛を促すための...

オキシトシン、プロスタグランジンなどの薬剤の総称が陣痛促進剤で、陣痛を促すための薬です。

予定日を過ぎても陣痛が起きてこない、予定日超過の場合に、陣痛促進剤が使われるケースが多いです。微弱陣痛の場合にも使われます。 予定日が1週間から10日位遅れると、胎盤の機能が落ちてきて、胎児に送られる酸素が減ってきます。このため、人工的に陣痛を起こして誘発分娩をするのです。 陣痛促進剤による事故は、不適切な使い方によるまれなケースです。

点滴の速度が達すぎたり、必要量以上に使いすぎたりすると、陣痛が急に強くなり、その結果、胎児に酸素が送れず障害が残ったり、子宮が破裂して出血多量で母体が危険になったり、最悪の場合は死亡することもありえます。適切な使い方をする限りは、安全な薬です。