運営・お問い合わせ

微弱陣痛と臍帯の異常

子宮口や子宮頸管が広がるときに起こる痛みと、子宮の筋肉が収縮して起こる痛みが陣痛...

子宮口や子宮頸管が広がるときに起こる痛みと、子宮の筋肉が収縮して起こる痛みが陣痛です。

赤ちゃんを押し出すためにどうしても必要な痛みなのですが、最初からこの陣痛が弱かったり、途中で弱くなってしまったりすることを微弱陣痛といいます。陣痛が弱いと、赤ちゃんがうまく下がってこなくて、子宮口の開き具合が遅くなり、お産が長引いてしまいます。

いつまでも陣痛が強くならない場合は陣痛促進剤を使い、経膣分娩が無理だと判断されると帝王切開になることもあります。

臍帯の異常

臍帯は、赤ちゃんの頭が出たあとにおりてくるのが普通ですが、骨盤の間にはさまって圧迫されたり、破水などによって赤ちゃんの頭より先に出てきたり、赤ちゃんの首に巻きついて、絡まったりすることがあります。そうなると、赤ちゃんに酸素が十分にいかないため窒息してしまいます。赤ちゃんがかなり下がってきて頭が見えている発露まで進んでいる場合は、吸引分娩、かんし分娩にします。
発露まで時間がかかる場合は、緊急帝王切開となります。

発露まで時間がかかる場合は、緊急帝王切開となります。
 
 

吸引分娩

カップを赤ちゃんの頭に吸いつかせて引っぱり出す方法。吸引した部分がむくんで血腫やこぶができることもあるが、自然に消える。

かんし分娩

金属製のしゃもじ形をした、かんしと呼ばれる器具で、赤ちゃんの頭を左右からはさんで引っぱり出す方法。熟練した医師が行えば頭が傷つくような心配はない。